沖縄に来て思った「旅に出たほうがいい」3つの理由

スポンサードリンク

 

昨年ですが、宮古島に仕事で行ったのですが、
その時に感じた「旅に出た方がいい」理由について

記事更新していきます!

 

 

「旅に出たほうがいい3つの理由」

 

 ー1:N(ニュートラル)になれる
 ー2:日常感じていることがちっぽけに思う
 ー3:雑念が浮かんでこない

 

私たちは常に”何か”に気を捕らわれています。

スマートフォンだったり、
SNS、ゲームアプリ、電話など
日常生活は常にその連続です。

だけど広島からバイク3台、クルマ1台でフェリーに乗って
久々の「水平線」を見たときに

理由に挙げた3つを感じることが出来ました。

逆にいつもPCの前にいるときの状態より
鮮明だったんです。

非日常感を味わっているので「楽しい」感情はあるんですが、
それより「心を落ち着かせる」ことが出来ました。

 

これが「1:Nになれる」です。

 

電波も圏外になることが多い中で良くも悪くもスマートフォンから
離れることができるのは自分自身にとって新鮮。

嫌になったというわけではなく、心が洗われたと表現するのが
ベストかもしれません。

 

 

ー「2:日常感じていることがちっぽけに思う」

 

沖縄画像1

 

これは場所が変われば思うことかもしれません。

日々何かに振り回されて思うのは「平穏」を保つことが難しいということです。

これは自分にも問題があるんですが、
もしそういう状態なら”たまに”離れてみることもいいかもしれません。

人は感情の起伏によって行動が変わってくるので、
いかに落ち着いた状態でいられるか?が鍵になってきます。

それが自然だったり、人と話すことだったり、PCの前かもしれませんが、
”たまに”離れてみることで、見直す機会になるでしょう。

 

 

 

ー「3:雑念が浮かんでこない」

 

沖縄画像2

 

これも2に通じることです。

フェリーの中は”日常”と違ってすることがほとんどないので、
ぼーと自然を見ることも出来ます。

普段優先順位が低いことが旅なら出来てしまいます。

すると忙しくて何もすることができない状態であっても、

「心を無」にしてみることで雑念すら浮かんでこないのかもしれません。

これは大切な何かを見失ってしまうことを防いでくれます。

これが”たまに”というのは「当たり前感」をなくすためです。

働きすぎという状態の方もいるかもしれませんが、
忙しい合間を縫って

1日でも遠方へ出かけると変わります。

 

 

 

まとめ

 

旅に出ることは、自分を見つめ直すことにもなります。

 

いつも同じ場所にいるとIQが15も減少します。

集中して作業したり、何かを書いたりするならカフェや落ち着いた場所で

やることをお勧めします。

 

「最近なんだか疲れが取れない」とか「リフレッシュしたい」と

思うのなら、1日使って、どこかへ行ってみると気分が違います。

 

確かに体力的には疲れますが、

「旅」がもたらす”効果”は皆さんの想像以上です。

 

特にパワースポットなどに行くと心が一つになって雑念が消えるのが

実感できるぐらいです。

 

なので旅はお勧めです。

3ヶ月に一度ぐらいは違う場所でいつもと同じ仕事をしたり

カフェへ行ったり、本を読んだりしてみてください。

 

本当にお勧めです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク