【禅に学ぶ】人生を無駄にする3つの考え方

スポンサードリンク

 

こんばんは、ひろきちです。

今回のテーマは「人生を無駄にしてしまう3つのこと」についてです。

この記事では、

・自分の人生をイキイキと生きることができ、
・自分の責任で物事を考えて選択する

 

ことができる考え方ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

人生を無駄にしてしまう3つとは?

 

zen-life1

 

  1. 済んでしまったことに対して愚痴を言うこと
  2. 他人を「羨ましい」と妬む
  3. 他人に褒められたいと思う

 

この3点です。

誰でも経験があるかと思いますが、これを続けていくと

結果的に人生を無駄にしてしまいます。

 

これらの考え方では、

自分以外の何かに捉われて、自分を見失うことを防ぐこともできます。

 

結果や実績などに執着しすぎて、「努力」が異常に苦痛になるのも

そのせいです。

 

結果は「あなた」ではありませんよね。

実績の数字は「あなた自身」ではありません。

 

このように、精神を自由にしておく(心を自由に)ことが

禅の考え方にあるんです。

 

「私はこうじゃないといけない!」と言う思いを捨て去り、

結果とかを気にしないで、今できることをやるのが、

 

あなた自身にとって最高の考え方になります。

 

(ぜん)は、大乗仏教の一派である「禅宗」(ぜんしゅう)の略、もしくはサンスクリット語のdhayānaの音写「那」の略。 また「座禅」(「坐禅」)の略としての意もある。 本項では宗派についての「」(禅宗)について述べる。 南インド出身で中国にわたった達磨が祖で、坐禅を基本的な修行形態とする。

では、この3点について見ていきましょう。

 

「済んでしまったことに愚痴を言う」

 

green_timecard20141024224247_TP_V1

 

意識が自分以外の「何か」に向いてしまっていると言うことです。

例えば、あなたが会社の仕事で失敗して取引先から怒られたとします。

そのあと当然、上司にも叱られることになるでしょう。

 

そこで「あの時の仕事をしっかりしておいたらな・・・」
「そんなことで怒るなよ」とか

 

「過ぎてしまった」ことに対して嘆いてしまっていては一向に事態は良くなりません。

 

あなたにも「あの時あのようにしていれば・・・」と
思った経験は人生の中で一度はあるはずです。

これをずっと続けていると「過去に意識を置いたまま」が進んで行くことになります。

 

大切なのは「これから」「この瞬間」からなのです。

この事を理解するために、堀江貴文さんの動画を掲載させて頂きます。

 

 

「人を羨ましいと妬む」

 

green_googlekasu20141024215319_TP_V1

他人が、あなたがなりたい状態になっていたり、
自分の現状と比べて、いい状態の人を羨ましいと思うのはやめたほうがいいです。

「羨んでも変わらない」からです。

 

本当に「羨ましい!」「ああなりたい!」と心の底から思うのなら、

「自分がどうしたらあのようになれるか?」と
考えるところからスタートするべきではないでしょうか?

「羨ましい・妬む」というのは、「自分もあんな風になりたい」

と言う事です。

 

あなたが「そうなりたい」と思ったら、
「どうしたらなれるか?」をイメージして書き出してみてくださいね。

 

それに基づいて行動すればいいだけなんです。
実にシンプルではないでしょうか?

 

 

「人に褒めてもらいたいと思う」

 

freee151108378726_TP_V1

 

誰でも一度は「褒めてもらった」経験はあるでしょう。

人から認められることは自己重要感を満たす意味でも必要なことです。

 

ですが、「褒められるために」を基準にしてしまうと
あなたは自分の人生を無駄にします。

別の誰かの価値観に基づいて生きているのと同じ意味なんです。

自分の人生を生きたいのなら、

  1. あなたがやりたい事を見つけ出してやってみる
  2. 周りから非難されたとしても後悔しないぐらいまでやり通す
  3. 結果がどうであれ、「やってよかった」と思う

 

逆に

  1. 褒められる事をやろうと考える
  2. 本当に自分がやりたい事ではないが、褒められるまでやり続ける
  3. 褒められる

 

こんな場合、あなたは「どこにいるのでしょうか?」

 

そのためには、他の誰かにどう言われようとも

「自分がやってみたいこと」をやってみることで
自分の人生を自分の責任で生きることができます。

 

人生を無駄にしない、後悔しないためにも

あなたがやりたい!と思った事はやれるだけやってみてください。

 

じゃないと気がついた時には手遅れです。

よく言われますが、手遅れでは本当に遅いんです。

なので、「これなら、やってみたい」と思うものを見つけて

やってみください。

 

まとめ

自分の人生を生きたいなら、

step1 あなたがどんな人になりたいか理想をイメージして書き出してください。
step2 ①で書いたことをやっている自分は無駄にする3つをやっているだろうか?想像してみてください。
step3 ①で書き出した理想像の自分だったらどう行動するか?を考えてみてください。

 

あとは行動あるのみです。

自分の頭で考えて、自分の言葉で自分の意見を言えるようになるには、

行動・実践です。

 

マグカップに入っている液体は、見ているだけでは「冷たい」のか
「暖かい」のかわかりませんよね?

味も飲んでみないと分かりませんし、触って初めて熱いのか冷たいのかも

実感できます。

 

それと同じで考えているだけではなく、行動してみることが
最大のコツです。

なんどかこのブログでも言っていますが、

「行動」は大きな事をしないといけない訳ではありません。

 

ブログなら、何でもいいから記事をアップしてみる。

旅がしたいなら、旅に必要なものや行く方面(東とか西とか)を

決めて行く日時も決める。

 

と言った簡単な事も行動のうちに入ります。

 

「行動」=「結果」を出さないといけないという訳ではないんです。

 

なので、行動できずに人生が無駄にならないように、

無駄な感情は捨て去りましょう。

 

上記で挙げた3つの項目は、行動を妨げる要因です。

当ブログタイトルのように「してみた」という軽い感じで構いません。

この内容もぜひ参考にしてみてください
最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。