Webサイト評価ツールが使える!無料で現状分析をしてみよう!

スポンサードリンク

 

どうも、@hhirock884です。

ブログなどのWebサイトを総合的に評価してくれる
無料ツール「Nibbler(ニブラー)」を試してみました!

サイトを運営している方は一つに指標にしてみましょう!

 

コード・ソーシャル状況などを無料で評価してくれる

nibbler1

あなたのサイトのURLを入力するだけで、あとは「待つだけ」です!
なんと便利♪

評価してくれるのは、

・サイトのコード品質(W3C準拠)
・ドメイン年齢
・ソーシャルメディア(Twitter、Facebook、Google+のフォロワー等)
・全世界のウェブサイト人気ランキング
・リンク
・メタタグ
・コンテンツ量
・サイトのイメージ画像
・内部リンク
・モバイル対応
・サーバーの動作
・解析
・ページタイトル
・見出し
・印刷適正
・URL形式
・鮮度
・社会的関心

以上約18項目。

 

無料とは言え、これだけとは思ってませんでした。

全体レポートとしては

・全体評価
・アクセシビリティ
・経験
・マーケティング
・テクノロジー

 

(補足説明)
アクセシビリティとは、近づきやすさ、アクセスのしやすさの事。
サイトで言うなら検索表示などで表示されやすいかどうかの基準。

解析ツールではサイトのコードの品質、内部リンク、モバイル対応、ページタイトル等を
総合評価したもの。

 

 

(補足説明)
ここで言う経験とは、ユーザーにとって満足されているかどうかの基準。
SNSやURL形式、画像イメージ、サーバーの動作、モバイル対応等を
総合評価したもの。

 

 

(補足説明)
マーケティング、ここで言うマーケティングはドメイン年齢、人気ランキング、
メタタグ、コンテンツ量などを総合評価し、販売及び人気度を表した数値

 

 

(補足説明)
テクノロジー
これはサイトの設計・構築がうまくされているかの指標。
ドメイン年齢、コード品質、モバイル、URL形式、などを評価したもの。

 

これらを表示してくれますよ!

 

 

実際にやってみてわかった強みと弱み

 

nibbrer2

 

私の場合は、マーケティングとSNSが弱いことが分かりました。
Facebookページのいいね、Twitterのフォロワーなどは少ない方なので

有益な記事(質)を増やして、積極的にSNSで配信していく事が
改善点になります。

 

たいていの場合、自分で解決出来る事が多いので
出来ることはやっておきたい!

コンテンツの量やSNSのフォロワーは特に。

 

反対にドメイン年齢などは時間が解決することになるし、
フォロワーについても、こちらが呼びかけても反応がない場合だってある。

 

だからこそ、「続ける」ってこと。
目先のPV数とかどうでもよくって、10人のうち2人でも「役に立った」と
思ってくれる記事を配信出来るかどうかで、

自分の努力が報われる。

 

1日10PV、10ユーザー、ページセッション1.0 でコメントや読者登録が2人あるのと

1日100PV、100ユーザー,ページセッション1.0 コメントなどの反応0だったら

私は前者でいたい。(と今は思っています)

 

数字なら「リピーター」が来てくれる率(Googleアナリティクス)だったら、
コメントや読者登録かもしない。

それは相手あってのことで、相手が何を求めているのかにも
よる。

評価は自分がするものではなくて、相手。
相手をコントロールする事が出来ないのであれば、
自分でコントロール出来る方に注力した方がいいと思っています。

 

まとめ

 

1.ニブラーを使えば弱み強みがわかる
2.それを分析して自分のサイトのどこが強くて弱いのかを把握しよう
3.もし弱みを改善するなら、自分がコントロール出来ることに注力していこう

 

たった、サイトURLを入力するだけでこれだけの
情報が得られるとは思いませんでした。

サイト運営で考えさせられるような経験をさせてもらったのには感謝。

皆さんもぜひやってみはいかがでしょうか??

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。