【書評】30代でやるべきこと、やってはいけないこととは?前編

スポンサードリンク

 

どうも、林です。

今回の書評はこちらです。

 

始めに言っておきますが、この本Amazonでは低評価が多いです・・・。

*2017年1月23日時点のでの評価数です。

 

ですが、裏を返せばそれだけ刺さる内容なんだろうと思い、購入しました。

完全に信用するわけではなく、30代での指針というのはどういうものなんだろう?という考えからです。

あくまで参考程度というわけですが、私の感想は「これだけやれば人生の成功する確率が上がるよね」ということです。

 

もし今あなたが39歳だとしても、30歳でも読んでおいて損はない本でしょう。

ということでさっそく本題へ。

 

 

「30代でやるべきこと、やってはいけないこと」の構成

 

 

全252ページで構成されていて、章ごとに区切ってはありますが

見出しの最後、そして章の最後にまとめがあるので非常に理解しやすい構成です。

 

なので、読むスピードが早い人は1日で読了することが可能です。

ゆっくり読んでも1週間ほどで読み終えることが出来ますよ。

 

なのでバリバリの自己啓発系が苦手な方でも読みやすいのでオススメします。

ただ、あくまで参考程度にするといいでしょう。

 

その理由は、

  1. 人生の目標、目的、夢や希望を持った人が読んでおくと内容が入りやすい
  2. 現実的に難しいと感じてしまう内容がある(それをクリアできる人が成功していくんだろうけれども)

です。

この本のタイトルに惹かれるなら買いですし、「ふーん」と思う程度なら読まない方がいいぐらい

内容が刺さるからです。

 

 

今すぐできる?人生を変える9のリスト

 

  1. 10年後の自分を明確に
  2. お金と時間の戦略を作れ
  3. 爆発的な成長の瞬間まで待て
  4. 常識や過去は捨てよう
  5. 行動することで素晴らしい人との人間関係を求めよ
  6. 自己投資ではお金と時間を淀ませるな
  7. 人と接するときは、常に全体を考えよ
  8. いい記憶を潜在意識に投げ込め
  9. モチベーションを維持する2つの方法

 

本の終盤に要約として載っているものです。

ここでは特に重要だと思われる点に絞って詳細を書いていきたいと思います。

 

こうまとめてみると、大半のことは聞いたことがあることばかりです。。

 

 

1.10年後の自分を明確に

 

これらは自己啓発の世界でもビジネスの世界でも共通していることです。

多くの場合、タイムスケジュールを組むのですが

タイムスケジュールはじつはほとんど意味がありません。

例えば10年後に取締役になりたいと考えるなら、この会社における取締役の仕事は

どのようにすれば取締役として会社に貢献できるのか、そのためにどんな能力を発揮していなければならないのかなどを

事細かに把握することなしに、取締役になるための準備はできない。

 

とあります。

ただ単純に「取締役」になりたいだけではなく、それがどのような役割でどんな能力、人間性なのかなど

事細かに掘り下げて把握してそれを目指していかないと「明確化」したとは言えませんよね。

 

よく、新年に目標や抱負を言ったりしますが、その程度だけでは立てる意味がないということ。

目標から逆算して、それぞれのタスクやTo Doが見えるようになってくるからです。

 

これは今であやふやだった、明確化の定義を理解する上で重要な項目だと私は思います。

 

 

2.お金と時間の戦略を作れ

 

この本の中で2番目に重要視されている「お金」と「時間」

誰しもが重要性を知っているのにも関わらず、うまく運用している人も少ないのが現実です。

 

そして、「戦略」と聞くとアレルギーかのように拒否反応を示してしまう人もいると思いますが、

この本ではこうあります。

 

30代で時間管理を意識し、それを実践することはそれだけで将来大変大きな強みになります。(中略)

戦略というと、綿密な計算と謀(はかりごと)をイメージするかもしれませんが、そうではありません。

やるべきことをやり尽くすために何をどう運ぶのか、その方法を自分なりのやり方で編み出していくのです。

それを持続可能な方法ておして、日常生活の中に落とし込んでいくということです。

 

 

10年後の自分を明確化した後は、それを達成するために何が必要なのか日々の生活にまで

落とし込んでやり尽くしていく。というのが著書の言い分です。

 

誰もが知っている内容で当たり前と言えば当たり前なんでしょうが、それが分からないと

投げてしまっているのが現実でしょう。

このブログでも自分を知る方法を記事にしているので、そちらを参考にしてもらえたら

分かりやすいかと思います。

 

webマーケティングが上手くいっている人の4つの共通点

マーケティングが上手くいっていない人の6つの共通点

 

 

3.自己投資ではお金と時間を淀ませるな

 

この本のメインキーワードと言ってもいい「自己投資」

自己投資にどれだけのお金と時間を費やせるかで人生の成功は決まってくるというのが

本書の言い分です。

 

お金と時間をかけないところに、自分を成長させる道はありません。

これは資本主義の鉄則である。

(中略)

投資の要諦は「お金」を淀ませないこと。

企業の態度に学ぶとすれば、儲けが出たらそれを再投資に回し、それをストップさせることなく

繰り返していく。

 

成長なくして成功なしということですね。

これをできる人が自己実現が可能になり、豊かな人生を送ることができると著者は言います。

みなさんはどう思いますか??

 

 

4.人と接するときは、全体を考えよ

 

この「全体」とは自分の人生も含めた人間関係のことを指します。

 

30代はどうすれば、自分が人望ある人間になれるかを考え、そのために具体的なスタートを切ることが重要。

もともと、人望ある人は心理学や人間学を学んで伸ばしていいですが、そうではない人は

思い切った自己変革を行う時期が30代。

(中略)

その一番の方法は、素晴らしい人に出会って、話に耳を傾け、その影響を大いに受けること。

2番目は読書をして自分を磨くこと。3番目は他人に対して感情を持たないように、

精神修養すること。悪い感情を抱けば、それは必ず自分の身に跳ね返ってきます。

 

 

長くなったので、記事を二つに分けます

 

次の記事では「30代でやってはいけない10のリスト」について書いていきたいと思います。

次回の記事はこちらからどうぞ。

 

読んだ方が早いという方は、以下のリンク、またはググってみてくださいね。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。