YouTubeアナリティクスで目標管理!収益と視聴者の反応が一目で分かる!

スポンサードリンク

 

どうも、ひろきちです。

前回の記事に引き続き、あなたの目標がどこまで進んでいるのかを

確認する方法について解説する記事になります!

【YouTube版】収益目標を立てる方法(目標設定シート付)

2016.03.13

 

こちらでは主に「YouTubeアナリティクスの見方」について解説しています。

ブログならGoogleアナリティクス、YouTubeならYouTubeアナリティクスと

分かれています。

 

なので、これからYouTubeで収益を得ていこうとされている方は、

暴走しないでこの辺りを何となくでもいいので、理解しておきましょうね!

 

◎YouTubeアナリティクスを確認するためには?

 

本題に入る前に、図解で手順を追って確認していきましょう!

youtubeanalytics.001

この記事でもおなじみのYouTubeクリエイターツール

 

下記の図ではあなたの「アナリティクス」をクリックする。

youtubeanalytics.002

 

すると下記のようなページに移ります。

youtubeanalytics.003
アナリティクスを開いたら、確認する部分は「収益レポート」の下にある「収益」と「広告」の2つ。ここで広告の種類別収益や、動画別の収益を確認することが出来る。

 

 

youtubeanalytics.004

「推定収益」などは確実な数字ではないので、あくまで参考として捉えよう。

ここであなたが立てた目標数値を今の相場で掛けてあげれば、おおよその金額が算出できます。

 

例)推定収益が$100だった場合、今の円相場が120円として、100×120=12,000円が見込める。

 

 

youtubeanalytics.005

「収益」のグラフの下には「動画」毎にどれだけ収益があったのかを確認出来るようになっています。

この部分で視聴者からウケがいい動画が何なのか?が把握できますよ!

 

youtubeanalytics.006

 

少し見にくいですが、次は「収益レポート」の「広告」をクリックします。(上記画像参照)

 

「この部分が確認する項目」と画像に書かれているのは、

・YouTube広告収益

・推定の収益受け取り可能な再生

・再生回数に基づくCPM

・CPM

となっています(下記画像参照)

youtubeanalytics2.001

 

インプレッションとは、広告が表示されたという意味(下記にて解説しています)

 

 

youtubeanalytics.007

「広告」のグラフ下では「地域毎」の収益が確認出来ますね!

なぜか他国も入っているけど、、それはここでは割愛します。

当然日本での収益が多かったです!

 

次は下記画像の「広告タイプ」をクリックします。

youtubeanalytics.008

すると、上記のように、「広告の種類別」でどれだけの収益があったのか?

が分かるようになっています。

ディスプレイ広告が多かったです。

 

「収益レポート」を見れば、今のチャンネル状態が把握できちゃう

 

上記のように「収益レポート」だけを見ても、多くの情報が手に入ります。

これだけでも「目標」を立てる”材料”に十分なりえますよね!

 

他の見方についてはまた後日の記事で(3,000文字超えて、長くなりますので・・・)

 

 

◎目標を立てたら、都度評価してみよう!

 

 

「YouTubeアナリティクス」を見れば、
あなたの立てた目標を評価することが可能です!

ここでは最低限、目を通しておきたい項目に絞っています。

 

確認する項目は以下のとおり!

・推定収益額レポート(上の章で解説)
・広告の掲載結果レポート(上の章で解説)
・推定の収益受け取り対象の再生(上の章で解説)
・CPM(上の章で解説)
・インプレッション(Googleアナリティクスで確認可能)

 

以上の項目です。

・推定収益額レポート

これはあなたのチャンネルの広告を有効にしている場合に
見ることが出来ます。
注意したいのはこの金額は推定学で、確定された額ではないと言うこと。

主に約48時間前にまでに発生した広告、などの収益が出ています。
月末時には実際に収益を計算して反映しているので変更されることがあります。

 

・広告の掲載結果レポート

先日の記事でも紹介しましたが、

YouTubeチャンネルの育成のヒントは「広告の仕組み」にあると言う話

2016.03.12

様々な広告の種類があります。

時間の経過に伴い、他の広告タイプと比較してまとめたものが

この「広告掲載結果レポート」です。
「合計収入」を見て、動画の収益情報を確認することが出来ますよ!

 

 

・合計収入

あなたが選択した「期間」と「地域」のGoogle広告配信元(広告主)と
パートナー広告配信元からの推定総収益。
*ここでの総収益は純益とは違います。

 

・推定の収益受け取り対象の再生

視聴者が動画を視聴し、少なくとも1本の広告を表示した回数の推定値。

 

・CPM

1,000回のインプレッションに対して広告主が支払ったコストの推定額
*インプレッションとは、広告が表示されること。(以下にご参照ください)

 

 

インプレッションとは
YouTube動画の視聴者に広告が表示されること。
一回の再生で複数回のインプレッションが得られることもあり、一回だけのこともあります。
(広告の種類、動画の時間によって変動)

そのため、インプレッション数(広告が表示された数)と収益受け取り対象の再生回数は
異なる場合がある。

 

これらを全て確認する必要はありませんが、
参考程度に見てあなたの目標が達成されているのかを判断しましょう!

専門用語も覚える必要はありません。
ただ、「YouTubeアナリティクス」を常に把握しておく習慣は必要です。
(目標を達成したいのであれば)

 

 

支払いがない場合の確認項目

 

 ・AdSenceへのリンク(紐付け)は完了していますか?
 ・支払い基準額を満たしていますか?(8,000円以上)
 ・動画の収益受け取りが解除されていたり、著作権の侵害申し立てを受けていたりしませんか?

これらを一度確認した上で、再度設定してみて下さい。

 

まとめ

1.収益受け取りするために「あなたの目標」を決めておこう!
2.それを数値化して期日も決めて、動画制作に取り掛かろう!
3.毎週YouTubeアナリティクスを閲覧しあなたの目標が達成されているか確認してみよう!

この記事では「あなたの目標」がどれだけ進んで行っているのか?を

確認する方法でしたが、いかがでしたか?

 

YouTube内で全て確認が出来てしまうのは非常に楽です。

ブログだと別サイトで確認することになりますから・・・。

 

あくまで「数字」

なので今は仮に低かったとしてもこれから改善する策が

いくらでもあるので、視聴者の反応を見ながら動画を作っていってください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。