YouTubeチャンネルの育成のヒントは「広告の仕組み」にあると言う話

スポンサードリンク

 

 

どうも、ひろきちです。

この記事では「広告」を理解することにより、

・広告主からもYouTubeからも好まれるチャンネル作りのヒント

・広告の種類を理解

・YouTube収益化のヒント

 

について解説していきます。

 

この記事を理解していいただくと、YouTubeチャンネル運営が

より戦略的になり、他のYouTuberと天と地の差をつけることが出来ます!

 

内容は少し難しく感じるかもしれませんが、まとめの部分で

ポイントもお伝えしていますので最後までゆっくりと読んでいってくださいね!

 

ひろきち
この記事について話している音声もどうぞ!

 

 

あなたの動画に広告がつくメカニズム

 

YouTube広告で収益化するためには、熱心な視聴者が必要ですよね。

広告を出す人(広告主)は基本的に以下の3点を満たすチャンネルを望んでいます。

 <広告主が求めるチャンネル>
 ・トラフィック
 ・リーチが広い
 ・ターゲット層が絞られている

個性的なチャンネルを求めているんです。

 

(補足説明)
トラフィック
広告を見たユーザーにクリックなどの行動を起こさせて、広告を出稿した
企業などのサイトに誘導させること。
YouTubeの場合、動画の内容とマッチしていた場合、そのような効果が発生しやすいと言われている。

リーチ
広告の到達率の意味。
インターネット上の広告の場合、その広告がインターネットを利用している人たちの
何割に配信されたか?の指標をリーチという。

 

 

広告での収益は、視聴者とあなた(動画投稿者)、広告主の誰もがメリットを得られる
ような関係が求められています。(YouTubeが実際にそう言っています)

 

自分だけがアドセンス収入が欲しい!という身勝手な形では
成り立たないようになっているんです。

ひろきち
私も以前はそうでした・・・

 

厳しいかもしれませんが、YouTubeの取っている広告への考え方は
このような感じになります。

 

 

視聴者は何を求めてYouTubeを観に来てくれるのか?

 

結論!

娯楽・知識をつけるため、コミュニケーションを取りたくて
YouTubeを観に来ます。

 

そしてあなたは、YouTubeで好きなことを発信することで、そこからの収益を
得ることができるようになります。

 

「面白い」「ためになる」「なるほど!」などが詰まった動画を
作ることができれば、視聴者もあなたの動画を求めてくるようになるのです!

 

 

YouTube広告の種類とルール

 

 

YouTubeのサイトにも掲載されていますが、
広告の種類によって、収益化の対象にはならない表示広告があります。

 

基本的に自動でYouTube側があなたの動画に広告をつけてくれますが、

 

あなた自身で「この広告をつけたい!」というのがあれば、あらかじめ
選択しておくことが出来ます!

 

そのために必要なのは、視聴者が
・どの媒体で観ているのか?
・どこで表示させたら最後まで観てくれるのか?
を知り尽くしていることが条件になります。

 

広告によって収益が少ないものもあるので、それぞれの特徴を知っておくと
いいかもしれません。

かなり戦略的ではありますが、最初は広告の全てにチェックマークを入れておく
いいでしょう。

 

広告の種類を確認する方法

あなたのチャンネルにログイン後、「クリエイターツールの動画の管理」をクリックし

youtubekoukoku.001

 

 

クリエイターツールの「動画の管理」クリックし、動画一覧のページへいく。

youtubekoukoku.002

一動画単位で編集が可能なので、「設定したい動画の」編集をクリックする。

 

すると下記の画像のようなページに飛ぶ。

youtubekoukoku.003

基本情報・翻訳などの欄の右から二番目にある「収益受け取り」をクリック。

すると「広告フォーマット」と表示されるので、そこであなた好みの広告を設定しよう!

 

YouTube広告の種類

 

・ディスプレイ広告
 (サイズ:300×250 or 300×60ピクセル)

スクリーンショット 2016-03-07 16.59.27

 

・オーバーレイ広告
 (サイズ:480×70ピクセル)

スクリーンショット 2016-03-07 16.59.49

 

・(スキップ可能な)True Viewインストリーム広告
 (サイズ:動画全体)

スクリーンショット 2016-03-07 16.59.58

*この広告が主流です。(端末の種類を問わず、視聴を収益化できるため)

 

・(スキップ不可な、又は長いスキップ不可)の動画広告
 (サイズ:動画全体)

スクリーンショット 2016-03-07 17.00.17

・ミッドロール広告
 (サイズ:動画全体)

スクリーンショット 2016-03-07 17.00.29

 

動画が広告に表示される仕組み

 

 

YouTube側が動画の内容に沿った広告と視聴者に対して
表示させるようにしています。

そこにYouTubeとあなた(動画投稿者)との間で収益が分配される仕組みです。

 

ただ、広告に合うユーザーがいても収益可能な動画に必ずしも広告が表示されるとは
限りません。

 

あなたの動画に広告が表示されない場合のチェック項目

 

あなた自身で自分が投稿した動画を再生し、広告が出ない場合、
 他の視聴者には広告が表示されていますか?(友人などにチェックしてもらいましょう)

動画で広告が有効化されいますか?(公開・非公開などもチェック)

あなたの動画は、広告主がターゲットにしたい視聴者に見てもらっていますか?
 広告を出す人が意図してない視聴者には広告は表示されません。。

あなたの動画は、著作権で保護された内容が入っていませんか?

収益化ボタンを押しても、あなたの動画に広告が出ていない場合は、
以上の点を確認してみましょう!

 

 

広告に適した動画とは?

 

 

YouTubeでのアドセンス収入は、「広告主」の存在が不可欠です。

多くいる広告主があなたの動画に広告を表示したいと思わせるような
内容にしておくと、より多くの収益が見込めます。

ですが、広告主のためにYouTubeチャンネルを運営するのはナンセンス。

なので、以下に「広告に適したチャンネル」の重要なポイントをまとめます。

 

・視聴者の詳細を把握する
 地域、興味、年齢などをイメージして動画を作っていますか?

・視聴者とコミニケーションが取りやすいような動画内容でしょうか?
 それは広告主がターゲットとしている人かもしれません。

・あなたのチャンネル登録者数やコメントや評価ボタンの数はどれぐらいありますか?
 お金を投資して広告を出すなら、多くのファンがいるチャンネルの動画へ出したいはず。

・ブランディングはできていますか?
 多くのチャンネル登録者がいても元々いた人たちがいなくなっても元も子もありません。

・動画の内容は年齢制限がありますか?
 広告を年齢制限があるような内容には表示されにくくなっています。

 

ワーク

 1.動画広告を出しているチャンネルを3つ以上視聴してみましょう!
 2.共通点を書き出してみましょう!(投稿者のトーン、どのような視聴者に見てもらっているか?など)
 3.あなたが収益を受け取りにして、動画に表示させたい広告の種類を1つ選んでみてください!

 

 

 

まとめ

 

・「あなたらしさ」を発揮し、視聴者を獲得することで収益が後から付いてくる
 ・収益を得たい場合は、視聴者との関係を築いて、集められるか?がポイント
 ・広告の種類によって、スマホからは表示されないものがある

いかがでしたか?

この記事では広告について解説しましたが、

一番重要なのは、
「あなたらしさ」を考えてもらい、それをどう動画で表現するかを
あなた自身が理解するということです。

これがなければ、稼げても数千円程度しか稼げないです。

少しずつ勉強していきましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。