0から1へ上がる為にする5つの事

スポンサードリンク

 

今日は広島市内で有名なワンショットバー 「Room It’s」に来ています。

オーナーと 「未来会議」と題して、

理想の未来と 現在を結びつける打ち合わせ。

 

ファシリテーションとは、

会議やプロジェクトなどの 集団活動がスムーズに進むように、

また成果が上がるように支援することを言います。 会議の場面の例としては、

質問によって参加者の意見を引き出したり、 合意に向けて論点を整理すること。

 

この言葉はオーナーから初めて聞いたのですが、 私の役割はここです。

コンテンツを創り、また別のコンテンツを掛け合わせ、

「メソッド」にします。 (その原案は起業家などになる)

 

メソッドとは、

メソード (method) とは、方法、方式のこと。  特定の分野や固有名詞では 日本語訳されずカタカナのまま用いられる。 

ファシリテーションのやり方として、

 

コンテンツ(またはメソッド)に必要なことを把握する

・必要なもの、事をする為のものをさらに書き出す

・優先順位をつける

・それらを行うために手配、実行する

 

これからやろうとしていることは、 0→1の事なので時間は掛かりますが、

有難い事に去年から関わらさせて貰ってる

 

コンテンツでそれは経験しているので 大まかには理解できます。

 

なので、これから何らかの目標を立てて行動したりするには、

 

 

1:理想像(目標)を可能な限り明確に把握する

2:そして、現在地点(今の自分の状態)を把握する

3:1を達成するために必要なもの、サービスは何かを把握し、書き出す

4:さらに必要なものを作る為に、必要なものを把握し書く

5:それぞれ優先順位をつけてあとはこなす

 

 

特に必要なのが、1と2。

 

人は案外自分のことを理解してないんです。

 

当然、置かれている状況や環境などは変わっていくので理解しにくくて当然ですよね。

何かを0→1にする人たちの元でやるので 変更点は致し方ないですが、

 

個人がこの順番にやるとかなりスッキリできますよ。

 

やる必要がある人とない人はいますが、

これから何かをやろうとしている人と、

またはその実務責任者などはやっておくと 良いかなと経験ベースで感じます。

 

この機会を与えて頂いているので、感謝です。

 

このスキルで、

個人のプロデュースや、

起業家の手伝い(フォロー) コミュニティビジネスへの情報提供など 出来るので、

自分自身が他の誰かの役に立てる事をしていきます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。