あなたの人生の目的を明確にする5つの方法

スポンサードリンク

 

どうも、ひろきち(@hhirock884)です。

あなたは今までの人生、悔いなく楽しんでいますでしょうか?

イェール大学によると80%の人々が人生の目的が分からないまま、
過ごしているそうです。

 

イェール大学とは?

イェール大学英語: Yale University)は、米国コネチカット州ニューヘイブン市に本部を置くアメリカ合衆国私立大学である。1701年に設置された。

出典:ウィキペディア

何故それだけ多くの人が、目的が分からないまま、航海しているんでしょうか?

 

海・山なら遭難、漂流

ビジネスなら破産、倒産に匹敵します。

 

私もかつて、遭難していた身です。

家が近くという理由から、小学校・中学校へ行き、

 

偏差値の兼ね合いで田舎の高校に通い

何となくいいなと思った大学へ推薦で入っています。

 

そう、「全部流れに身を任せて」自分の人生を歩んでいました。

話すと長くなるし、たいていの場合興味ないと思うんで割愛します。
(暇つぶしに見たい方はこちらから)

 

この記事では、実にシンプルな方法であなたの人生の目的が明確化できる
ものです。

一度立ち止まって考えたい、何がしたいか分からない方などは
ぜひ読んでみて下さい。

 

人生の目的をはっきりさせる5つの方法

 

OY151013249932_TP_V1

 

  1. あなたの名前は何ですか?
  2. 今の仕事、好きなことは何ですか?あなたがこれなら人に教えれると思うもの1つだけ
  3. 2は誰のためにしますか?していますか?
  4. 3の人たちは、何を求めていて、何を必要としているのでしょうか?
  5. 3の人は結果として、どんな変化がありましたか?

 

この5つの「質問」を自分自身に問いかけてみてください。

当ブログでも発信していますが、

何をするのにも

「あなた自身を理解する」
「それを求めている人は誰かを想定する」

ということです。

 

関連記事はこちらを読んでみてください。

webマーケティングが上手くいっている人の4つの共通点

2016.01.10

 

マーケティングもブランディングもなんでもそうですが、

あなた自身が自分を理解していないと始まりません。

 

何が好きで、何が嫌いで、何が得意で人に教えられるぐらいなのか?

それを誰のために役に立てて、「人間」として貢献・生きていくのか?

これがあなたの人生の目的です。

 

この投稿を読んでいただいている人の中には、
今の人生に悩んでいたり、何がしたいか分からなかったり、

生きる目的を見出そうとしている方が多いかと思います。

 

目的を把握するワーク

5つの質問は紙に書き出してみてください。

  1. あなたの名前は何ですか?
  2. 今の仕事、好きなことは何ですか?あなたがこれなら人に教えれると思うもの1つだけ
  3. 2は誰のためにしますか?していますか?
  4. 3の人たちは、何を求めていて、何を必要としているのでしょうか?
  5. 3の人は結果として、どんな変化がありましたか?

 

誰のために何のためにそれをやるのか?

 

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194_TP_V1

 

人はそれぞれ得意なものや不得手なものがあります。

それぞれ、それを活かしあい社会は成り立っているのです。

 

「人は一人では生きれない」とはよく言われたものですが、

あなたの「得意なこと(人に教えられる)」ことを見出して

それが得意じゃない人に対して提供してあげるのです。

 

この5つの質問を見て、感じた人がいるかもしれませんが、

大半が自分以外の誰かに対しての質問です。

それをどのような人たちに提供するのか?

どんな情報を提供したら喜ばれるのか?

提供したらその人たちが、どんな風になるのか?

 

これらはビジネス、マーケティングでも同じです。

難しく感じるかもしれませんが、数分で考えてしまって、

行動し始めてもいいでしょう。

 

 

あなたのやっていることは胸を張れることか?

 

YOSX9845_TP_V1

 

学生や新社会人は4月に新し出逢いがあります。

学内や社内とは別にも出会いがあることでしょう。

そこで、どんな仕事をしているんでしょうか?
と大抵の場合聞かれます。

そしたら「営業しています」とか
「〜〜大学の学生」ですと言っては損です。

 

その仕事を通じてどんな貢献が出来ているか話しましょう。
または、将来の展望を話してもいいです。

すると相手は質問せざるを得ないので、会話が発生します。
そこで5つの質問で出た答えを相手に伝えましょう。

 

きっと人脈や協力者、仲間が出てくるはずです。

例えば、私なら
「この地域に素晴らしい仕事を創り出す手伝いをしています」と言ってもいいでしょう。

 

またブロガーなら、

「インターネット上の人々に感謝される情報を創り出し発信しています」と
言ってもいいかもしれません。

サラリーマンなら、
「産業界の根底を支える仕事をしています」など簡単でも構いません、

とにかくあなたがやって、どんな貢献が生まれるのかを想像して見てください。

 

まとめ

 

1:5つの質問を紙に書き出そう

<あなたに関すること>
あなたの名前は何ですか?
今の仕事、好きなことは何ですか?あなたがこれなら人に教えれると思うもの1つだけ

<あなたが何のために誰に対して貢献しどんな変化があるのか?>
誰のためにしますか?していますか?
何を求めていて、何を必要としているのでしょうか?
結果として、どんな変化がありましたか?

2:1で書き出したものを手帳や毎日必ず見るところへ貼っておこう。

3:1で書き出したすべてが「あなたの人生の目的」と理解し、
  3ヶ月に一度見直して間違った方向に行っていないか確認しよう

 

時や状況が変われば目的も変化していきます。

ある人に出会ったおかげで人生の目的を見出せたという人も
います。

 

なので、今現在あなたが積み上げてきたものを一枚の紙に書き出して
毎日見てください。

そして、どんな忙しくても自分一人の時間を作り、
「人生の目的」を見直してみましょう。

 

それを続けていけば、きっとあなただけの「目的」を感じることができることでしょう。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。