ネット環境がない状態をあえて作ってみるとスッキリする話

スポンサードリンク

 

どうも、林です。
先日引っ越しをしたのですが、未だに無線LANがない状態で
仕事をしています。

幸いにもポケットWi-Fiが2つも、なぜかあるので何とかなっています。

そんな時、ポケットWi-Fiの制限速度が「低速」になり、仕事になりません(汗)

それを見た時、さすがに声も出ませんでした。。

 

パソコンを使ったフリーランサーにとってネット環境は
必要不可欠です。

そういう時期に何かできるのではないか?と思い記事更新します。

 

ポケットWi-Fiで動画を見るのは止める

これは当然のことです。
動画を観ていなくても容量は食うのに、YouTubeなんてもってのほか。

当然観ていませんが、私の場合1日750MB使用していました。

  • 画像のダウンロード
  • サイトの更新
  • Skype
  • chromeのタブを最低6枚は開く

と言った具合です。

 

特に画像のダウンロードと、Skypeは効いた・・・。

Skype一時間の通話で、500MBは超えたからです。
気にしながらの通話も精神衛生上良くありません(笑)

その他はKb(キロバイト)の積み重ねなので致し方ないのですが
ネット環境がないということは意外に無駄なことをさせない状況を
作ってくれているようにも感じています。

 

文章はオフラインでも書ける

 

私は文章を書くことが多いです。
このブログも更新していますし、会員サイトも作っています。
そのページに記載する文章は「オフライン(ネット環境がなくても)」でも

書くことができます。

当然、保存はネット環境が必要な場合があるので、その際には低速Wi-Fiでしのぎます。

下準備という意味では、後々見直すことができる状態なので
文章でおかしいところや、誤字脱字を直すことができると考えれば
かなりメリットがあります。

何かの事故や、引っ越し後のWi-Fiがつながるまでの間は
下準備の期間と位置づけてやり続けるのが、精神的も生産的にもいいように感じます。

 

改めてネット環境の有り難さに気づく

 

今まで私の周りには当たり前かのように「ネット環境」がありました。

現代にとってはもはや、当たり前ですが一時的にない状態もあります。

何のストレスもなくページを閲覧したり、画像を作って差し込んだり

動画を作ってアップロードしたりとする自分にとっては、

インターネット通信って「やっぱりいいな」と思うわけです。

当たり前の状態が一時的ですが、出来ない。
そんなことを思い浮かべる人は少ないでしょう。

その状態になってみないと有り難さは感じにくいのが人という生き物。

自分は今そんな状態なので、「ネット通信最高!」だと痛感しています。

いつでも、どこにいても大抵はつながることができる状態で(これをオンラインという)
オフラインに近い状態でPCの前に座る自分はとても新鮮です。

出来ることは限られてしまいますし、反対に出来ないことのほうが多い。

そんな状態で生産性の高い仕事をしようと思ったら、、

やっぱり下準備するしかないわけです。

 

画像のダウンロードやリサーチも遅すぎて仕事になりませんし
ブログの更新もすごい時間を使いそうです。

それならネットが開通した状態で一気に放出出来るように準備をするしかない。

 

 

敢えてオンラインじゃない1日を作ってもいい

 

これは感じました。
今やスマホ依存症という言葉が定着している現代。

常にオンライン状態で人々は少しずつ疲弊しています。

それならあえて「オフライン」の状態を作ってもいいのではないか?と
思うわけです。

具体的には、

  • 人に会う
  • 本を読む
  • 雑誌で情報収集

これらがオフラインで出来ることです。

これから私がやろうとしているのは、本を読むということです。
本を読めばインプットできますし、知識としてもブログにも活かせる。

これはオフライン状態でやる最高のことだと個人的に思っています。
また人に会うのが好きであれば、人に会うのは最高です。

で、スマホを持たずに街に出かけるというのもあり。ということを
伝えたいんです。

まぁ、敢えてオフラインの状態を作る人もかなり変わりものだと思いますが、
常にオンラインの人が多いので敢えて書きます。

 

財布と手帳だけを持った自分を想像してみてください。

 

 

スマホ依存症であればあるほどそわそわする

どうでしょうか?財布と手帳だけを持った自分は。

そわそわしませんか?
私は居ても立ってもいられませんでした。

何か集中できるものをプラスで持って行くのもありですが、
”いつもの”スマホじゃない分かなり違和感を覚えるはず。

これを1日と考えると「耐えられるのかな」と思いがちですが

 

頭の中がスッキリしていくのが感じられると思います。

 

常に情報に触れている私たちは、情報がない状態になれることも
必要だと思っています。

情報がないから今まで蓄積した情報を、処理する時間が必要なのです。

だからこそ、週に一度はオフラインの日を作るとスッキリ整理された状態で
人生を歩むことができる、と言っても過言ではない。

 

 

オフラインでもPCに向かう自分

 

私はネットに繋がらない(正確には繋がりにくい)状態でも
PCに向かいます。

読んでない300ページ以上の本が2冊、積ん読してあります。
それを消化するいいチャンス。

それを読みながら、こうやって文字を入力することはできるからです。

で、前に書いてたことと矛盾しているじゃねーか。と突っ込まれそうですが、
気にしません(笑)

私がアクセスする状態だからです。
文字を入力している時は私主体でPCを「使っている」状態なので
オフラインと変わりません。

調べ物やニュースを見ている時はアクセスさせられている状態。
それがないとアウトプットはできませんが、

その時間が多いと支配させられると思うのです。

 

 

最後に、

 

今あるものに感謝する。
これは時と状況が変われば簡単に忘れてしまうもの。

人ではなく、ネット通信というサービスにも当たり前じゃなくて
ありがたいと思える心を取り戻していきたいと思っています。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。