人を動かすにはどうしたらいいのか?誰でもできる1つのポイントを考えてみた

スポンサードリンク

 

どうも、ひろきちです。

今回のテーマ「人を動かすにはどうしたらいいのか?」

 

会社の上司や、組織のリーダーなどはこの1つのポイントを

押さえて指示を出してみてください。

すると、以前より格段に動いてもらいやすくなります。

 

人を動かす事が出来れば、人脈や財産など多くのものを

手に入れる事が出来ますし、それを望んでいなくても評価される人物になります。

 

なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事は「動画」と「文章」によって構成されています。

動画はすぐ下から。観ている時間がない方はスクロールして読み進めてください。

 

 

 

 

人を動かすには「行動するメリット」を提示する

 

世の中には人を動かすのが得意な人もいれば、下手な人も存在しますよね。

 

上手な人だったら、上司や部下・同僚、友人や恋人にも協力してもらえますし

下手な人は、部下ですら部下ですら動いてもらえず苦労しています。

 

その違いは「これやっておいて」というだけでメリットを全く伝えていない

という点です。

 

仕事なんだから振るのは当然だろうと思う人もいますが、

上司と部下以前に、人間同士というところからメリットを伝えたほうが

いいよということです。

 

ですので、動いて欲しい相手には「これをしたらどうなるのか?」

そのメリットを伝えてあげてください。

特に雑用や面倒な仕事は効果があります。

 

そこを伝えてあげるだけでも、部下からの評価も上がることでしょう。

 

仕事のアポイントでも応用可能

 

この「メリット提示」は仕事でも使えます。

初めて会う人、親しくない人にも相手が自分と会うメリットを

具体的に丁寧に伝えてアポイントを取るんです。

 

下手は人は、

「私は〜〜と申します。こういう件でぜひお話を聞いて欲しいのですが

明日はいかがでしょうか?」

というメールや電話をします。

 

上手な人は「私は〜〜と申します。こういう件で御社の仕入れコストを13%ダウン出来る

のですが、ぜひお話させて頂けないでしょうか?明日でしたら、いつでも構いませんので

ご検討宜しくお願い致します。」

 

こんなメールや電話をします。

 

あなたはどちらの人と「会ってもいいかな」と感じるでしょうか?

 

おそらく後者の「上手な人」でしょう。

 

このように、相手にとって有益な情報だったり、趣味の新情報だったり

時間を割いて会ってもいいと思わせるのがコツです。

 

仕事じゃなくても好きな人をデートに誘う時にも使えます。

(女性の場合は好きなことでも、誘う人によって反応が違いますので

注意が必要です)

 

相手がわざわざ時間を割いて、お金を使って会うのであれば

それぐらいしてもいいと思いませんか??

 

 

最後に、

 

この人に動いて欲しい場合は「行動することで得られるメリット」を

伝えてみてください。

何事においてもメリットを伝えるか、伝えないかによって

行動してくれる確率は劇的に変わります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。