iQOS(アイコス)を長く使うための3つの極意【効果実証済み】

スポンサードリンク

 

どうも、林です。

以前、「iQOSが吸いにくいときに試したい対処法」という記事を投稿しました。

こちらでもいいんですが、さらに信ぴょう性が高くて、吸いやすく長く使えそうな方法があったので

アップしていきますね。ちなみに実践済みです。

 

わたしはiQOS歴1年になりますが、今住んでいる広島にiQOSショップがあるので

  • どうすれば長く使えるのか?
  • 掃除のタイミング
  • 長く使うための掃除方法

 

についての情報を、仕入れることができました。

 

長く使っているとどうしても、「吸い込みにくい」ときや「吸った感覚がない」

 

「ヒートスティックが刺さりにくくなった」

なんてことが多くなってきますよね。

 

その場合に効果的な対処法とクリーニング方法についての記事になります。

 

iQOSユーザーのあなたにとって周りに迷惑をかけにくいライフスタイルの

一アイテムとしてぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

iQOSを長く使うための極意その1「吸いにくくなったらクリーニング」

 

 

みなさんは、ホルダーの掃除頻度はどれぐらいでしょうか?

私はいつも吸いやすさを体感したいので、「毎日」していました・・・。

公式でも「20本ごとの掃除をお勧めします」と書いてありますよね。

 

それでも毎日はやりすぎなんですがね・・・。

 

長く使うためにも

「吸いにくくなったら掃除する」が故障を防ぐためにもオススメします。

そう、掃除をしすぎると故障の原因になるのです。

 

iQOSショップに「ホルダーが故障したー!」と持ち込む人の大半が「掃除のやりすぎ」

 

体感的に「最近、何本か連続で吸いにくくなったなー」と感じたら掃除するようにしましょう。

また、「ヒートスティック(iQOS専用のタバコ)」がホルダーに刺さりにくくなったら、掃除するという

判断基準もあります。

 

タバコ葉のつまりすぎが原因かと思ってましたが、実は違ってホルダー内に残っているカスや

スティック部分(加熱部分)の汚れによって、刺さりが悪くなっていることが多いです。

 

 

iQOSを長く使うための極意その2「掃除する前にチャージャーで加熱する」

 

 

極意1では「吸いにくくなったら掃除」と書きました。

で、吸いにくくなったら「掃除だー」というわけではないです。

 

じゃあ、なんなのか?

それは、チャージャーにある「自動加熱クリーニングボタン」です。

*ちょうど親指の上にあるのが「自動加熱クリーニングボタン」。これを長押ししてみましょう。

 

これを使うことによって

 

  • 掃除の手間、回数を減らす
  • ホルダーに負担をかけない
  • 加熱しやすくなる

 

ことができます。

 

クリーニングボタンで自動加熱することで、ホルダーにあるスティック部分(加熱部分)の掃除が完了ってわけです。

*ボタンを長押ししたあとは上記のように点滅します。

 

この作業を4〜5回繰り返してみてください。

そうすれば、掃除の手間をかけずにまた吸いやすくなってくるはずです。

 

個体差があるのでなんとも言えませんが、わたしの場合は掃除なしで水蒸気が出やすくなりました。

*湿っているのは、加熱されて水蒸気が出た証拠です。

 

 

iQOSを長く使うための極意その3「クリーニングキットを使う」

 

 

ここで皆さんおなじみの「クリーニング」です。

ご存知の通り、クリーニングに使うのは

  • 専用クリーナーブラシ(iQOS付属品)
  • 綿棒(付属品ならなおよし)

 

です。

*無水エタノールは街にある店で購入しました。

 

正しいクリーニング方法は以下の手順となります。

 

  1. 専用クリーナーブラシでカスを取り除く
  2. 綿棒(無水エタノール塗布)でスティック部分を優しくこする
  3. キャップも綿棒で汚れを取り除く

 

ポイントはホルダーのスティック部分は「優しく」するということです。

こすりすぎると加熱する部分がはがれます。。

そして、折れることもあるみたいです。あの鉄みたいなやつが、ポキっと・・・。

 

綿棒も専用がなければ「ベビー綿棒」がベスト。

やわらかいので折れやすいのが難点ですが、先の細さがiQOSの掃除にとっては重要です。

 

 

 

そして、市販の無水エタノールを塗布してスティック部分を優しくこすればOKです。

人気なのはこちら。

 

 

iQOS人気でやはりレビューにも掃除ように買うユーザーさんも多いですね。

 

 

気になる方は調べてみてください。

 

 

まとめ

 

  1. 吸いにくくなったら掃除するようにする
  2. すぐに掃除するのではなく、「自動加熱クリーナーボタン」を4〜5回押す
  3. それでも吸いにくくなってきたら、「クリーナーブラシと無水エタノールを塗布した綿棒」で掃除する

 

いかがでしたか?

むやみに掃除しすぎると故障の原因になります。

 

せっかく買ったのに故障続きってのも嫌ですし、長く使いもんですよね。

iQOS本体も優しく取り扱って、周りに迷惑をかけないスタイルでいきましょう。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。