集中力を高めるための2つのアプローチ

スポンサードリンク

 

どうも、ひろきちです。

このブログも6ヶ月目を迎えました。みなさん本当にありがとうございます。

 

さて、今回のテーマは「集中力を高める方法」について書いていきます。

人が集中できる時間というのは限られています。

これを最大限に活かすには2つのアプローチが鍵になります。

 

  • 最近、集中できないと感じる
  • 昔に比べて気が散る事が多くなった
  • 資格を取得するために勉強しないといけない

 

などといった方は是非参考になるかと思います。

 

私自身、最近どうも集中できていないなと感じるようになりました。

夜になると静かになっていくので、いいんですが日中はどうもダメです。

iPhoneをいじってみたり、知らぬ間にネットサーフィンしてみたり、とダメダメです。

 

それが二つのアプローチを試し始めたら、少しずつですが集中できるようになってきました。

 

集中すると何がいいの?

集中すると、していない時に比べての作業効率が格段に違います。

ブログ記事を書く時間で表現すると20分ぐらいは違ってきます。

 

これが積み重なると自分の場合、夜寝る前の楽しみでもある

映画を見る時間がなくなる!という悲惨な状況になります。

 

日付が変わる前までにはキリのいいところまで進めたいので・・・。

 

 

動画でこの内容を話していますので下記からどうぞ!

文章で読みたい方は次の章からも紹介していますので、スクロールしてくださいね!

 

 

 

 

 

集中力を上げるための2つの方法

 

hands-1373363__180

 

それは以下の2つです。

  1. 健康面
  2. 精神面

 

私の場合は

精神面からの影響が多いと感じています。

人によって変わってきますが、試してみる価値はありそうです。

 

 

健康面からのアプローチ

 

まず頭が冴える状況を作り出しましょう!

これがコツです。

作り出すには、

  • 睡眠時間を取る
  • 食事を摂り方
  • 体力の維持活動
  • カフェインを摂取するタイミング

 

これらが必要になってきます。

健康面を整えることで、集中力を高める事が可能です。

食事をするタイミングによっては眠くなる事もありますし(量も関係する)

目が冴える事もあります。

 

寝る前に取ると体が消化にエネルギーを使うので目が冴えますが、

仕事の前の食事などは効果的です(何度も言いますが量と摂るものによって変わります)

 

寝起きから、頭がボーとする人はカフェインがオススメです。

カフェインで代表的なのがコーヒー。

 

コーヒーは飲んでから3〜4時間ほど経過しないと効果がありません。

飲んですぐ目が覚めることはないです。(そう感じるのはプラシーボ効果)

なので、集中したい時間帯を見計らい、その時間に効果が出るように飲みましょう。

 

ちなみに私は19時以降にコーヒーを飲むと朝まで眠れません。

いいのか悪いのか・・・。

 

 

精神面からのアプローチ

 

こちらでは「集中できる分野を選ぶ」です。

ブログを書く事に興味がない人が、ブログをやれ!と言われても

好きな人と比べると、集中しにくいですよね。

 

もし目の前の事に興味がない場合は、集中できる好きな事で

集中する練習をする

ということです。

 

試験や資格の勉強の場合、苦手科目があれば

得意科目で集中してやって、その流れで苦手科目をやるようにすると

 

いきなり苦手科目から取り掛かるよりは集中しやすい状況が作り出せます。

 

もし、苦手科目は捨てても問題ない人(専門職の人)は

さらにその中で好きな項目から掘り下げて勉強していくと集中できるかと思います。

 

デスク周りに余計な物を置かない

 

office-581131__180

 

デスク周りに領収証やゴミなど余計なものが置いてあると

視界に入るので集中しにくいです。

 

なので、デスク周りは綺麗にしておきましょう。

と言っても私の場合は紹介できないほど汚いので割愛しますが

掃除した後はすっきりした気分で取り組む事ができます。

 

スマホはオフ

 

iphone6plus-538898__180

 

納期に追われている時、集中したい時

私はiPhoneを飛行機モードやサイレントモードにします。

 

と言っても、納期に追われる事はあまりないですし

連絡待ちの状況の方が多いのでオフにできないのが現状です。

 

だけど、資格の勉強、試験勉強する方は携帯はオフにしておくと

いいでしょう。

 

スマホ中毒者の集中力は薬物中毒者より低いとも言われています。

それほど集中を遮るやっかいなものなのです(集中したい人にとっては)

 

最後に

 

集中するべき時に集中するためには健康管理や精神状態が必要です。

いつも集中しないといけないわけでもないですし、人間はどこかで糸が切れるもの。

 

ここぞという時に発揮したいものです。

周りの音が聞こえているようで聞こえない状態で行う仕事は

最高の時間です。

 

ぜひ皆さんも試してみてくださいね!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。