【お金を殖やす】株式・FXよりも積立投資が最適な3つの理由

investmentsheader.001

スポンサードリンク

 

どうも、林です。

今日は「お金を殖やす」にはなぜ積立投資が良いのか?

について、株式投資などと比較して話していきたいと思います。

 

  • これから資産を作っていきたい方
  • 株式投資やFXなどを始めようか検討している方

はお役に立てる内容となっておりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

お金を増やしたい。ほとんどの方が一度は考えたことがあるフレーズ。

世の中には様々なお金の殖やし方があります。

 

  • 株式投資
  • 不動産投資
  • FX

 

一般的にお金を殖やす(投資)とは、価値あるものにお金を投じ、その価値が上がったら

そのお礼代としてお金を受け取ります。

 

ここでは「資産形成」に焦点を当てます。

資産形成とは、資産を作ることです。

資産を作るためには、お金を貯めるだけでなく「投資」が必要になってきます。

 

まとまったお金がある方は、資産運用・保全と言ったカテゴリーになります。

 

では、資産を作っていくためには、どんな投資をしたらいいのでしょうか?

 

 

これから資産を作る方は「積立」から始めよう

 

 

これから資産を作ろうとしている方は「積立投資」がベストです。

積立投資のメリット.001

積立投資は天引きのように使う

 

天引きし、貯蓄感覚で始められるのがメリットでしょう。

日本と比べ海外では、6倍以上の利率で資産を殖やしてくれるところもあるようです。

 

 

株式投資は、すでに資産を持っている方が行う「資産運用」の一つ。

いきなり株式投資を始められるのも悪くはありませんが、リスクが高いということだけ

覚えておくと良いでしょう。

 

その分、リターンも大きいためメジャーな資産運用法ですね。

 

 

 

お金を働かす

 

 

 

資産を作るためのポイントとして、「お金を働かす」があります。

私たちは「お金を働かす」と言ったら株式投資などを思い浮かべますね。

 

お金を使って、使った以上のお金を得ること、これがお金を働かすです。

 

ですが、株式投資はある程度まとまったお金がないと、レバレッジが効きません。

レバレッジとは、テコの原理のこと。投資の世界では、少ない額で大きな額を動かすこと。

 

 

例えば50万円を株式に投資し、年率6%を目標で運用した場合

1年後には3万円殖え、53万円になります。

 

100万円だった場合は106万円になっています。

1000万円ならどうでしょう?

1億円なら?

 

 

このように投資金額が大きければ大きいほど、殖える金額(レバレッジ)が違うのです。

これが、まとまったお金がある人向けという所以です。

しかも確実に殖えるというものではないので、自己責任で投資を行なってください。

 

 

では、積立投資はどうでしょうか?

こちらの記事でも書いたのですが、

【投資】一括と積立の違いとは?知らないと損する投資の話

2018.05.15

 

少額を毎月投資し、

長期的に保有し、

様々な分野に分けること(分散)で資産形成ができます。

 

 

私はこれはまさに資産を作っていきたい方にとってベストチョイス。

 

まとまったお金は必要ないですし、長期分散させることでリスクを薄めることができる。

増え幅は他の投資手法に比べた場合は少ないですが、長期的に見たら着実に形成できていることでしょう。

 

 

 

資産形成したいけど、時間に余裕がない方のための積立投資

 

 

何より、

「相場を気にしないで放っておく」ことが可能

「ドルを持っておくことで、換金時に為替差益が期待できる

これもメリットです。

 

 

こちらの図をご覧ください。

 

investments.001

積立投資と株式・FX・不動産投資の比較

 

株式・FX・不動産投資は、ハイリスク・ハイリターンであり

相場を気にする必要があります。(不動産投資は除く)

 

ですが、積立は少額でスタートでき、独立系ファイナンシャルアドバイザーに一任すれば

気にする必要はありません。

 

「資産形成したいけど、相場を確認する時間がない」

という悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。

 

株式・FX・金などは相場が変わります。

自分が買った金額より高くなったか?下がってしまったか?などを

常に確認しないといけないのです。

 

 

ですが、積立は毎月一定額を自動で投資するだけで時間を気にしないで

良いのです。

その市場が下がり続けない限りは、損をする可能性も低いのも特徴です。

 

 

株式やFXはそれ専門でやっている方なら問題ありませんが

会社にお勤めの方が、逐一相場チェックを行うのも難しいですよね。

 

なので、仕事内容にかかわらず、資産を作るためには「積立」から始めるのがベストということです。

 

 

 

専門知識、勉強も必要ないのが、積立投資

 

 

あったらあったで良いですが、基本的には必要ありません。

ご自身でファンドを毎月買っていきたい場合なら必要です。

 

ですが、日々の仕事や家事、育児などで手いっぱいの方も多いと思います。

その前に株式投資する資金がない方もいるでしょう。

 

そんな方の味方でもあるのが「積立投資」

 

株式投資は、ロウソクの種類や会社の業績などを細かく分析したりというイメージがありますよね。

日経225などは価格の100倍・1000倍でようやく1枚買えると言った世界なので

約200万円から2,000万円は最低でも必要に・・・。

 

その分レバレッジは高くなりますが、市場の動向を読める経験や知識が必要です。

 

一方、積立はそこまでの知識は必要ありません。

あったらあったで良いですが、独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)に委任すれば

完全放置でも問題ないでしょう。

 

手数料は当然かかるけど、プロに任せて資産を作り上げていくのか、

自分の知識と勘でお金を減らす可能性を高くするのか、

 

どちらがいいでしょう?と聞かれたら、多くの方は前者を選びます。

他の投資手法と比べ知識がいらないというも積立投資のメリットですね。

 

 

積立投資でドル資産を持つ

 

 

日本国内で行なった場合、日本国債をファンドの一つとして採用されることが多いです。

それでは日本の先行きが良くなければ、意味がありません。

 

それではどうしたら良いのでしょうか?

それは「海外のファンド」です。

 

海外ファンドはドルが中心となっています。

 

ドル資産を持っておけば、円安になればドルの価値が高くなるので

換金し差益を得ることがですます。

 

このように毎月円で投資してファンドというドル資産を持っておけば

日本の情勢がどうなっても補填が可能になるのです。

 

円だけで持つということは、日本株式会社の株に全財産を投資しているようなもの。

それでは日本の経営が上手くいかなくなったら・・・?

今までの円の価値は下がり、1万円が1万円出なくなる可能性があります。

 

しかも積み立てることで、毎月の購入額を平均化することもできます。

【投資】一括と積立の違いとは?知らないと損する投資の話

2018.05.15

 

 

さいごに

 

長くなってしまいましたがいかがでしょうか?

資産をこれから作りたい方は、ぜひ積立投資から始められることをおすすめします。

子どもの教育資金や老後の年金補填、為替差益。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)でなく、お近くのIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に

相談されることをお勧めします。

 

投資は確実に「金融機関」を利用しましょう。

それ以外は事業投資です。なくなっていいお金で行なってくださいね。

それでは。

 

 

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちこと林広輝です。 資産形成コンサルタント。 「支出削減」「収入アップ」「資産形成&運用」まで トータルでサポートする仕事をしております。 また啓蒙セミナー「知らないと損するお金の話」を広島で開催中。