夫婦の関係を良くするポイント

2375

スポンサードリンク

 

どうも、林です。

 

このブログを見てくださっている方で、一番多い記事が「夫婦仲」です。

 

既婚者必見!夫婦仲が悪くなる原因はやっぱりあれでした。

2016.06.25

 

やはり、「妥協点」を探すことが、大切だと思います。

 

それでは、どうやってその妥協点を探して夫婦仲を改善していけば

いいのでしょうか?

 

とある夫婦は、落ち着いて話し合うことをすることで長く続いていますし

たくさん稼いで、奥さんを自由にしてあげることで続いている夫婦もいます。

 

いずれも共通するのは「話し合うこと」これが鍵になります。

 

この記事は、それぞれの家庭の事情にも対応出来る内容になっています。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速、書いていきたいと思います。

 

 

夫婦仲を良くするコツ「話し合う」

couple.002

キレる前に話し合う

 

「当たり前でしょ」

と思われた方、いたかもしれません。

ですが、これは非常に重要なことです。

 

よくある「話聞いてるの?!」というセリフ。

これは相手が自分の話を聞いていない、流していると

思われると言われてしまう言葉です。

 

話を聞いていない=自分のことを大切に思っていない

と思われているのです。

 

「いや、聞いてるよ!」

言っても相手は納得しません。

相手は自分の問いかけに対する回答や、同情を求めていることが

多いのです。

 

ですので、

  1. ちゃんと目を見て話を聞く
  2. あいづちを打つ
  3. 必要であれば自分の意見や同情をする

 

これらの対応が必要になります。

実際に夫婦関係がうまく行っている方は、これらを実践しています。

 

実践した上で、「向き合う」姿勢を示してこそ

話し合いになるのです。

 

 

相手が何を求めているかを探る

couple.003

伝わるように言うのが夫婦

 

向き合う姿勢を示し、話し合う状態になったら

次は「何を求めているか」を探ることです。

 

これは夫婦間でなくても必要なことですが、

ニーズ(要望)を聞き出したりすることが妥協点を見つけるポイントになります。

 

 

男女間であれば、100%ぴったり合うということは

ほぼほぼないでしょう。

 

だからこそ、話し合い、お互いが納得できる解決策を

話し合いから導き出すのです。

 

たとえば、

  • 生活が苦しい
  • 仕事の帰りが遅い
  • 子供の進路

 

などは「お金」「仕事」「子供」という夫婦間では必ず出てくると

言っていいキーワード。

 

生活が苦しい=副業やアルバイトして欲しい、お小遣いを減らしたい

などのニーズがある可能性があります。

 

仕事に関わる話では、「転職」「世間体」と言ったニーズがあるかもしれません。

 

子供の進路では、「方向性を親として示して欲しい」と言ったニーズが

見え隠れします。

 

これらを話し合いになった状態で質問をしてみるといいでしょう。

 

 

パワーバランスを見極める

couple.004

 

夫主導であれば、50%50%でプライドと愛情が必要です。

妻主導であれば、50%の愛情と50%の現実性が必要です。

 

パワーバランスが夫なのか妻、どちらに傾いているかによります。

 

生まれや育ちが違う2人が生活しているわけですから、

半分は相手のことを思う心は必ず必要になってきます。

 

自分の意見を持ちつつも、相手の要望に応えてあげる余裕や心が

夫婦間を良くする秘訣なのです。

 

どちらかが一方的に強かったりする場合は、従ったほうがうまくいく可能性が

ありますが、長くは続きにくい。

 

ですので、あなたの家庭のパワーバランスを見極めた上で

話し合うことをお勧めします。

 

話し合うのと喧嘩は違います。

 

 

相手の要望を少しでも叶えてあげようとする

couple.005

どちらかだけでは長続きしません。

 

これは非常に大切です。

全てを叶えようとする必要はありません。

 

あなたはパートナーの奴隷ではないからです。

ですが、まったく聞かない・やならいというのは違います。

 

その要望に100%応えられないからと言って

発狂したり怒鳴り散らすような人とは、距離をおいたほうがいいでしょうし

 

そもそも100%というのは難しい話です。

 

あなたに出来ることを少しでも叶える姿勢を見せることが

関係改善につながります。

 

 

価値観を押し付けたりするパートナーもいるかもしれません。

 

夫婦でしたらある程度価値観は合わせておく必要はあるので

それこそ話し合いでしょう。

無理なら無理で、それに変わる何かを提示してあげることも

考えないといけません。

 

本当に、夫婦関係は難しいです。

 

 

一度冷めた愛情は戻りにくい

couple.006

冷められたら終わり?

 

特に女性に多いのですが、一度冷めると生理的に無理。と

なる場合が多いので、いい夫婦関係を築いていきたいのであれば

注意が必要です。

 

かと言って、機嫌ばかりを伺って生活するのは無理ですよね。

なので、いいバランスを見つけておくのがベスト。

 

ゴミ出しや、洗濯物を脱ぎ捨てないなど

細かいところは協力し続けるのが大切です。

 

 

実際にいる夫婦で、奥さんだけを知っているのですが

その夫婦はすでに冷めきっていて、口を開けば「離婚したい」と

言っています。。

 

当然、夜の営みもないそうです。

 

そうなると修復は不可能に近いので、その前になんとかしたいところですね。

 

 

さいごに

 

夫婦関係は無理して続けるものではありません。

お互いが協力し合う、改善し合うことではじめて続くものです。

一方的な関係は長くは続かないことは皆さんも知っている通り。

 

なので、姿勢を示すことで、相手も変わってくるのです。

相手を一方的に変えようと思っているようでは無理でしょう。

 

まずは自分が変わる。これを意識してみてください。

もし宜しければ、こちらの記事もご覧ください。

 

既婚者必見!夫婦仲が悪くなる原因はやっぱりあれでした。

2016.06.25

 

それでは。

 

 

スポンサードリンク


ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちこと林広輝です。 資産形成コンサルタント。 「支出削減」「収入アップ」「資産形成&運用」まで トータルでサポートする仕事をしております。 また啓蒙セミナー「知らないと損するお金の話」を広島で開催中。