体内リズムを直すための方法を考えてみた【推察編】

スポンサードリンク

 

 

どうも、ひろきちです(@hhirock884)

はい、打ち合わせ(Skype)の時間をすっぽかしました。。

寝坊です。

 

いい歳なのに・・・。と凹んでも仕方ないのでどうしたら起きれるようになるのか?を

考えてみました。

私は本来寝たら起きないような人間なので、朝は本当に弱い・・・。

眠気を絶って作業はできますが、寝たら起きません(満足するまで)

 

同じように「起きれない!」と悩んでいる?人もいるかと思うので、

決まった時間に起きれる方法を推察してみます。

 

人によって体内サイクルが違う

 

仕事内容によって、寝れる時間は人によって違います。

そういった意味で人によってサイクルが違うと書きました。

 

人が寝れるようになるには「メラトニン」というホルモンが必要なようです。

  • 起きてから14~16時間後に分泌される
  • 太陽などの光を浴びて14時間後以降に分泌される
  • 加齢によってメラトニンの分泌量が減っていく

 

と調べたら出てきました。

私の場合は、「何時から何時まで」というような職ではありません。

早く切り上げることもあれば、深夜帯までやっていることもあります。

 

なので、習慣的に昼過ぎに起きていると体内サイクルは狂いますわな。。

寝たい時間を逆算して、太陽の光を浴びたらいいのかな?とまず思いました。

 

こうしたら起きれるようになるんじゃないか?

 

以下推察

  1. 起きたい時間から逆算して寝れるように太陽の光りを浴びる
  2. 寝る前はスマホやPCを見ない
  3. 起きている時は運動して体を疲れさせる
  4. 毎日決まった時間に目覚ましをかける

 

私はこのように思います。

それでも改善されない場合は「病院行き」ですね。

人の体は約24時間の体内時計で進行していて、一定にサイクルで動いています。

通常では「夜に寝て朝起きる」ですが、長期連休などでサイクルが狂うと

 

同時に24時間に寝むたくなる時間がずれてきます。

なので、長期連休後の出勤する朝は頭がボーとするのはそのせいみたい。

 

 

そのサイクルが崩れる要因

 

上記でも挙げましたが

  1. PCやスマホの強い光を見てしまう
  2. 寝る前に興奮状態になる(大笑いするなどはしゃいだり)
  3. 寝る前に食事を摂る

主にこの3つ。

 

打ち合わせが夜にあったりするとどうしても脳が冴えた状態になってしまうし、

仕事柄、寝る寸前までPCや仕事を見てしまう。

そして食事も不規則。これでは身体はいつ朝なのか?が分からないことでしょう。

ごめんね、自分の身体。

 

この方法で一週間体内サイクルが戻るかやってみる

 

 

  1. 寝れなかったら徹夜して朝日を浴びる
  2. 起きる時間を逆算して朝日を浴びる
  3. 寝る予定の時間から2時間前はPCやスマホを見ない
  4. 筋トレや運動を日中にやる

 

仲間の意見では、「地べた」で寝て長く寝れないようにするとか

ありましたが、「最悪それでもありだな」と思っています。

 

起きる時間を逆算するには、

8時に起床すると決めたら、24時には就寝する必要あります。

24時に眠くなる状態を作るには、前日の8時に是が非でも起きる必要あるってことです。

 

最悪「徹夜」して朝日を浴びて食事を摂り、運動して脳を覚醒させます。

徹夜後は長い睡眠になりやすいので、22時には布団に入っておけば、10時間は寝れるようになり、

自然に目が醒めるんじゃないか?って思ったわけです。

 

 

そうそう、思い出しましたが、「決まった時間に食事を摂る」ってのも必要みたい。

食事すると臓器が動くので、消化とかで脳が伝達を流すようです。

決まった時間に行動すれば、徐々に戻っていくと推察します。

 

 

いや、ちょっと待て仕事柄難しいのでは?

 

 

やばい、できない理由が浮かんでしまった。

本を読んだりしてもパソコンにメモを取ることがある。

これじゃ、意味ないじゃん!

 

 

ってことで、紙にメモを取ることにします。

可能なかぎり、見ない!

 

仮に自分のiPhoneを見てしまう機会がどうしてもあると思う。

その場合は、「Night Shift」機能を使ってブルーライトを最大限カットしてやる!

 

Night Shiftとは、iOS9.3で新たに追加された「ブルーライトカット」機能のこと

 

脳を覚醒させる光は決まっているようで、それを調整できるのがNight Shift。

そのやり方は、後日の記事で紹介します。

 

最後に

 

 

この記事は体内リズムを戻すための推察としてお届けしました。

出来ること、考えられることはやってみます。

 

これが実証されたら、読者さんでもできるわけですし。。

やっぱり朝の静かな時間って仕事がはかどるので好きだったんですが、

いつからずれたのやら・・・。

なので、結果編はまた一週間後ぐらいに記事にして書いていきます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。