あなたの夢って本物?分析して確かめる方法

スポンサードリンク

 

どうも、林です。

今回は「ソース~SOURCE」の書評から派生させて「夢や希望を分析する方法」について

書いて行きます。

書評を読まれていない方は是非読んでみてください!

 

 

最近、私は自分の好きなことや興味があることは本当に自分のものなのか?

確かなのか?と疑って考えすぎていました。

 

ですが、好きに明確な理由があるのか?

と思ったら考えすぎている自分がバカらしくなってきたので止めたんです。

 

これ「いいよね」「なんか好き」というものから

「こういうことがしたい」と根拠なく感じたことはそれはそれでいいということです。

 

この記事ではあなたの夢や願望が本当のものなのか?を確かめるための書いて行きます。

なんかモヤモヤするなーと思う方はぜひ読み進めてみてください。

 

 

夢や願望を分析する方法とは?

 

このような分類法があります。

 

「すること(Do)」

「所有すること(Have)」

「であること(Be)」

*ソース~SOURCE~より引用

 

人は大抵「あれがしたい」「これがしたい」と「すること(Do)」を夢に見るか

「あれが欲しい」「これが欲しい」と「所有すること(Have)」を望みます。

 

ですが、「世界一周がしたい」と夢見る人も「庭付きの一戸建てがほしい」と望む人も

なぜそうしたいのか?と聞かれるとはっきりと答えられる人はそう多くはありません。

 

実はここに今回の分析する方法があるのです。

それは「そうした体験や所有の結果、得られるであろう『在り方』や『気持ち』を求めている」

ということが分かってきます。

 

例えば、世界一周の旅行をしたいと思っている人だったら

  • 多くの出会い
  • 珍しい土地を訪れた際のワクワク感
  • 自分の価値観の変化
  • 退屈な日常から非日常へ行った際の感覚

などと、今より楽しく生きることが出来る糧になるのではないか?と想像できますね。

 

庭付きの一戸建ての場合は

  • 幸せな家庭生活を送ることができる
  • 家族の絆を深めるきっかけになる
  • 肩身の狭い思いをしなくていい
  • 他人に誇れる

と想像できます。

 

このように、本当に望んでいるのは「楽しい人生」であり、「幸せな家庭、家族」「周囲に誇れる」といった人生

望んでいるということになります。

 

 

あなたが今望んでいる事と在り方を繋げてみよう

 

例えば、「自由な働き方・生き方がしたい(Do)」だった場合

  • 時間に追われないライフスタイル
  • 他の人と違うことを楽しむ
  • 優越感に浸れる

といった在り方につなげることができます。

 

もう少し具体的な例で「レクサスの一番いい車を買いたい(Have)」

  • 所有する喜びに浸りたい
  • 周りから注目されたい
  • 快適な運転、ドライブを楽しみたい
  • 毎日車を眺めながら晩酌したい

 

と言ったあなたらしい人生の在り方に繋げることができます。

これはあなたの夢や願望から、これを達成したら「どんな気持ちになれるのか、人物になれるのか」

「どんないい人生が送れるだろうか」と深掘りをしていくということです。

 

 

在り方が分かれば他の手段がないか考え直してみる

 

 

高級車や世界一周、一戸建てを所有したり、行うことで「幸せな人生」を送る手段になっているのに気づきます。

ですが、さらに深掘りすると「他の手段もあるんじゃないか?」と思えるようになってきます。

 

少し抽象的な表現ですが

自分が本当に望んでいることが本質レベルで自覚できると、選択肢が増え

実現の可能性が飛躍する。

 

ということです。

 

例えば、「宝くじ」

当たりたいという人に「なぜ宝くじに当選したいのか?」と尋ねると、

  • 借金やローンを全部支払って、貯金したい
  • 老後に備えたい
  • 会社を辞めて自分で事業を起したい
  • 家を買って、車も買い替えたい
  • 海外旅行がしたい

 

という答えが想像できますよね。

で、さらにそこから深掘りすると「なぜ貯金がしたいのか」「なぜ家を買いたいのか?」

「なぜ会社を辞めたいのか?」と追及していくと

 

「お金の心配をしなくてすむ生活、安心できる人生が送りたい」

「自分が好きなことをして働きたい、優越感に浸れる人生でありたい」

 

という深いレベルでの願望に行き着きます。

 

この場合、選択肢として

  1. 当選するまで買い続けるという生き方
  2. 別の形で理想を実現できないか?と考える道

に分かれます。

あなたはどちらを選びますか?

 

自分の深いレベルでの願望を得る手段が他にもないのか、と模索することが

人生をさらに楽しくさせてくれることでしょう。

 

 

別の形で実現するには

 

 

世界一周する場合、宝くじにこだわらず、時間とお金があれば解決します。

 

では時間があるときはいつなのか?作れるのか?老後?

お金はどれぐらいかかるのか?どうやってその金額を作るのか?

 

と言った具体性に満ちた思考が出来るようになります。

これらを算出した上で、それを実現できるであろう事柄をリサーチしていくことが可能になります。

 

その算出する作業は確かに面倒ではありますが

あなたが本当にしたいこと、叶えたいことだったら面倒よりも楽しさ・ワクワク感のほうが

勝りませんか?という話です。

 

 

まとめ

 

  1. あなたがしたい、所有したい、こうなりたいと思っていることをそれぞれ書き出す
  2. それぞれの項目でそれを達成したらどうなれるのか?を書き出す
  3. 達成後の「在り方」をさらに追及して、本質的なレベルまで掘り下げる
  4. それを達成するにはどの手段でやればいいのか?を探す

 

3番については「こうなれる!」というものに対して、「どうしてそうなりたいのか?」を

自分に問いかけてみるといずれ答えが出てくるかと思います。

 

いかがでしたか?

もし答えが出ない、とかの場合それはあなたの本当の願望ではないということです。

 

情報過多な現代。惑わされずに自分がしたいことをして今を生きる生き方をしていくのが

主流になっています。

 

あなたも是非時間を取ってやってみてください。

それではまた。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろきち

初めまして、ひろきちです。 仕事はwebクリエーター、フリーライターです。 仕事術(ライフハック・マーケティング) ガジェット・Apple関係などを中心にブログを 更新していきます。